アイフォーン

information

お問い合わせボタン
HOME > むち打ちって何?のページ

むち打ち(ムチウチ)って何?

頚椎(首)の急激な過伸展・過屈曲により、頚椎・筋・靭帯・

神経・血管などの軟部組織の損傷を、むち打ち症といいます。

わかりやすく言うと下図のように、首が前後にムチのように

振られて首を痛めることがむち打ち損傷です。


むち打ちで起こる症状

 ・頚部痛
 ・頭痛
 ・項部痛
 ・頚部の圧痛・運動痛
 ・耳なり・耳痛
 ・聴力障害
 ・前腕・手の知覚異常
 ・上肢疲労脱力感
 ・吐き気
 ・眼痛
 ・視力低下
 ・動悸
 ・めまい
 ・上肢のしびれ

など、たくさんあります。



なお、これらの症状はレントゲンだけじゃ判断できません。

整形外科に受診された後に、当院に来院なさって、

「全治1週間と言われたけど、痛い」

という方、結構おられます。むち打ち損傷ってそんなに簡単じゃありません。



特に初期状態で適切な施術を受けなければ、その後の回復経過や後遺症

の有無にも影響していきますのでしっかり治療した方が絶対にいいです。

症状は、事故の程度によって全く異なりますし、またむち打ち損傷の

特徴でもありますが、「良くなったね」と思われるまで回復したつもり

でも、また痛みが復活することも多々あります。


また、ノーブレーキでけっこうなスピードが出た状態でぶつけられた

交通事故でのむち打ち損傷の場合などでは、1週間くらい起きれな

かったり、発熱を伴ったり、1ヶ月もの間ボーッとしっぱなしで、

集中力は欠如し、仕事どころか何も手につかないようなこともあります。


ご自身では「そんなたいしたことはない」と思って来院されても、

いざ検査をしてみると、腕や手先に痺れが出たり、頸や肩のこりが

数ヶ月にわたって取れなかったり、交通事故の状況や様々な条件によって、

経過も予後も本当に予測がつかない場合があります。


当院では、誰にでも「むち打ちはこう治療する」ではなく、

一人ひとりその方の状態にあった施術を徹底してます。



むち打ちって自然に治るの?


軽いものは、ほっといても治ってしまうケースもあります。

しかし、基本的には自然に治るものではありません。


むち打ちの特徴でもありますが、事故時はビックリしてしまい痛みを

感じなかったり、慌てて「大丈夫です!」なんて答えてしまったりして、

数日後に痛みが発症するケースも多いです。



上図のように重い頭を支えている細い首にはたくさんの筋肉や血管、

神経がひしめいているんですね。


交通事故で不意をつかれて重たい頭が急激に振られると、細かい神経

や靱帯、筋肉などが傷んでしまいます。

最初は自覚がない場合でもそれが数日後に痛みとなって出現すること

があります。ですので特に交通事故で追突されてしまった際などは、

痛みを感じなくてもまずは受診なさることをお勧めします。

そして適切な施術を受けておけば、レントゲンにもうつらない細かい

組織も回復していきます。


むち打ちって薬で治るの?

「治らない」とは言い切れませんが、基本的に処方される薬は「痛み止め」

が主です。(手の痺れなどが伴う場合とか、後から手の痺れが出現した場合

などはビタミン剤などが処方される場合もあります)

しかし「痛み止め」はあくまでも今の痛みを薬で抑えているに過ぎず、

傷めた靱帯や神経・筋肉を修復させる薬ではないのです。

「薬で痛みが治まっている間に、自然治癒力や他の適切な治療によって

回復した」というのが正しい表現になるのではないでしょうか。



自然治癒力を高めるには、適切な治療が必要です。

当院では、電療や手技による適切な治療で、傷めた組織の修復・改善を試みます。


※決して薬を否定しているわけではなく、痛みそのものを抑えてくれる痛み

止めはありがたい存在で医師の指示のもと、適切に服用なさることをお勧め

致します。


むち打ちって病院で治すの?整骨院で治すの?

整骨院と病院との違い

整骨院は医師ではなく、「柔道整復師」がやっております。柔道整復師は、

レントゲン撮影も薬の処方も出来ません。

しかし柔道整復師は、軟部組織、つまり、筋肉・靱帯・神経などのプロです。

レントゲンに映るのは骨だけで、筋肉や靱帯は映りません。


むち打ち損傷で傷めるのは、レントゲンに映らない筋肉や靱帯や、首の骨の間

から出ている細かい神経です。だからこそ、軟部組織のプロの当院にお任せ

下さい。


むち打ちの後遺症はあるの?

軽いむち打ち(ムチウチ)症でも、初期段階から適切な施術をしなければ

後遺症が残る可能性があります。


またむち打ち損傷は、痛みが引き治ったような気になってもしばらく時間を

置くとまた痛み出すこともあります。

ですので痛みがなくなるまでしっかり治療することが大事です。

交通事故の場合、示談後の治療は自賠責保険は使えなくなってしまいますので、

納得いくまでしっかりと治療を続けることをお勧めしてます。



お問い合わせについて


▲ページトップに戻る